募集家賃の決め方|賢く情報収集|無料の不動産投資セミナーで耳より情報をゲット

賢く情報収集|無料の不動産投資セミナーで耳より情報をゲット

募集家賃の決め方

電卓とお金

様々な条件で家賃は決まる

マンション投資をする際に必ず事前に確認しておかなければならないものがあります。それは家賃相場です。家賃相場が分からないと、マンションをいくらで募集をかければよいか分からず、投資に対する収入が分からずに利回りを出すことが出来ません。また、利回りを出させなければ銀行も融資を出すことは出来ないでしょう。家賃は貸主が自由に決めることが出来ます。しかしながら、周りの家賃相場とかけ離れて高額ですと空室ばかりになってしまいますので、基本的には、周りの家賃相場を確認して募集家賃を決定することが一般的です。それに加えて、日当たり、設備、間取り、立地、マンションの築年数そして自分の資金計画を加え最終決定を行います。したがって、上記条件を良いものにすることによって高額な家賃で募集することが出来るようになります。

募集家賃を上げるために

このようにして決められた募集家賃ですが、家賃相場よりさらに高額で募集をかけることが出来るいくつかの要因があります。1つ目はセキュリティです。例えば、オートロックやモニター付きインターホンの設備があれば防犯性を気になされる方に非常に人気があるため、家賃相場よりさらに値上げして募集が出来ます。また、女性専用ということも女性にはとても安心感を与えます。2つ目がフリーレントを付けるということです。フリーレントを付けると入荷者は初期費用を抑えることが出来ると、積極的に入居してくれるようになります。また、貸主としては毎月の家賃を家賃相場より多少値上げしても空室を埋めることが出来るようになります。その他にもいくつか要因を加えることにより、募集家賃を値上げすることが出来ます。