家賃滞納のリスクに対応|賢く情報収集|無料の不動産投資セミナーで耳より情報をゲット

賢く情報収集|無料の不動産投資セミナーで耳より情報をゲット

家賃滞納のリスクに対応

和室

借主側にも選択権がある

家賃滞納のリスクに対応してくれる家賃債務保証会社と契約をしておくと、いざ家賃滞納と言う問題が起こったときにも家賃を回収できないと言うリスクを回避することができます。そして、借主側にとっては連帯保証人を見つけることができない場合でも、家賃債務保証会社と契約することで入居することができるので大いに助かります。しかし、ここで注意したいのが借主側にも家賃債務保証会社を選ぶ権利があると言う点です。もし、借主側が大家指定の家賃債務保証会社とは別の会社と契約したいと言えば、大家の立場では認めるしかない点です。大家の都合で、強引に指定の家賃債務保証会社と契約をしなければ入居を認めないと言うことは言えない点に注意が必要です。家賃債務保証会社を利用するのは、大家にとっても借主にとってもメリットのあることなので借主側の意見を尊重することも空室対策として必要なことです。

比較検討してから選択を

もし家賃滞納が発生したときには、家賃を保証してもらうことができる家賃債務保証会社ですが、この業務を行う会社は全国に沢山あります。なので、家賃債務保証会社を選ぶときは、複数の会社を比較検討して選ぶのがお勧めです。理由は、家賃債務保証会社によって保証される内容やどこまでの業務を請け負っているのかに違いがあるからです。滞納された家賃の取り立てのみをしている会社もあれば、退去後の清掃や荷物の片づけ・訴訟にまで発展した場合にも対応してくれる会社など様々です。また、保証料・更新料・保証する期間・保証できる限度額など細かな点で家賃債務保証会社毎に差があります。どこまでの保証が必要なのかをよく考えて選ぶといいでしょう。